ワンコのベッド、皆様どの様な物をお使いでしょうか?

冬には暖かい物~夏にはメッシュの通気性の良い物~

私もそうです。今時期寒いのでフカフカした物を選んでいます。

元気なうちはこれで問題ありません。

 

具合が悪くなったらどうしましょう?老犬になりベッドで過ごす時間が増えてきたら、今までと同じようにベッド選びをして大丈夫なのか??

 

寝ている時間が長くなる事で起きる問題といえば褥瘡(床ずれ)ですね。

褥瘡の原因は

・皮膚の同じ部分へ持続的に圧がかかること(特に関節など突出した部分への圧迫)

・栄養状態の不良

・皮膚の衛生状(オムツなどでの排泄の為、不衛生な環境になり常に皮膚が湿潤した状態である)

 

人間の場合、褥瘡の初期には同じ部分に発赤が見られるので、その部分を除圧することにより悪化を防ぐことができます。

ワンコの場合は・・体が毛で覆われているので発赤を見つけることは難しいですね。ですので、予防が重要なのです!!

 

そこで注意していきたいことが寝床作りです。ベッドを選ぶ際に注意したいところ、弾力です。硬すぎず、柔らかすぎず・・綿ですと圧が掛かることで潰れてしまいます。

人間のマットレスを作っている会社の物を我が家では使っていました。通気性が良く丸洗いできたので汚れてしまっても大丈夫です。

 

快適なベッドを用意しましたが・・せっかくの通気性、床に直置きしてしまっては台無しです。床からは冷気が直接ベッドに上がってきます。

ここでお勧めしたい物

移動式すのこベッド

 

_20160118_235024

ベッドの通気性を生かすことができるすのこベッドです。

ヒバ材という木材をつかっています。ヒバには消臭・殺菌作用がありますので皮膚の衛生面にも期待できます。

キャスターが付いていますので超大型犬でも持ち上げることなく移動ができます。

大切なワンコが快適に過ごすことができるよう、一つ一つオーダーメイドにて手作りでお届けします。

 

移動式すのこベッドの詳細はこちらをお読み下さい