大型犬の介護~ってなると

重い・大変

確かに

軽い・楽

ではありませんが・・

 

介護するにあたり 必ずしも持ち上げる抱え上げる必要はあるのでしょうか?

40キロオーバーのワンコを持ち上げるとなるとそれは大変です

私の経験の中でそのような困った場面は 体位変換の時でした

最初は「どうしよう」って頭を抱えました

 

日中は私一人での介護です

体位変換は褥瘡を防ぐためには必須です

それも 数時間置きに

 

先代さんは左脇腹に大きな腫瘍があったので それに注意しながらの体位変換です

 

もちろん抱えることは不可能

重いだけでなく 痛みを伴うからです

腫瘍に圧力がかからぬよう

肺に転移もしていて呼吸も大変

抗がん剤の副作用で怠い・・こんな状況だったので 短時間でサッと行わなければならない
にくきゅうにくきゅうにくきゅうにくきゅうにくきゅう

 

人間の介護で体位変換をする場合

まず 膝を立てる

そして膝を 身体を向かせたい方向に倒す

 

これだけで簡単に体位を変えることができます

(あくまで基本動作であり 痛みや麻痺などある場合はちょっと変わってきます)

 

この動作を応用してみたところ

私一人で体位変換を行うことができました

使った物はタオルケット一枚です

 

・この時の注意点は「関節」です とくに足の関節

 

 

大型犬の介護=大変という考え

コツさえ掴む事ができればとっても気持ちが軽くなります!

老犬介護講座にて【介護が楽になる方法】をお伝えいたします

ワンコとの大切な時間     飼い主さんが疲れていたらワンコに伝わってしまいます

実際の介護技術を体験して頂き

「あら?こんなことだったの??」とたくさん感じることができる講座となっております

是非ご参加くださいませ(*^^*)

老犬介護講座はこちらからどうぞ