今日は大型犬の介護にかかる費用について・・・

皆さまもご経験されていらっしゃると思いますが

大型犬 医療費も大きいですよね

我が家の先代さん 腫瘍が見つかってからとても大きな金額が掛かりました

介護生活が見え始めた時期からターミナル(終末期)

そして火葬に納骨まで

大型犬の介護は初めてでしたので 介護用品やら手探りで色々購入しました

この時 本当に使えた 買って良かった!と思えた物はベッドくらいでしょうか・・・

介護期にお金が掛かるもの

・医療費

・介護用品

・シート、オムツ

・食費

・シッターさん代金

などなど・・・

この中で一番金額が大きくて お金をかけたいものは勿論医療費です

先代バニさんは悪性腫瘍だった為

メインの治療は抗がん剤でした

お世話になった先生は腫瘍の専門医でいらして

新しい情報をたくさんお持ちで 色々な治療法を提案して下さいました

話し合いを重ね 選んだ抗がん剤は日本では未承認の物

これがお高い・・・

でも 過去バーニーズに使って副作用がほぼなかったとのことでお願いしました

(抗がん剤に関しては今後記事にしようと思っています)

りんご介護用品りんご

では 一番節約できて 出費の配分が重要になってくるものは

介護用品だと思います

私が介護用品を探し求めていた時に感じた事

・大型犬用とうたっているが サイズオーバーばかり

・犬の介護用となっているだけで高い

・種類が少ない

・使い勝手が悪い

こんなネガティブな意見ばかりで申し訳ないです・・・

その中で 買って良かった!と思った物はベッドです

ベッドは介護をしていくうえでとても重要な物です

ワンコの為に 適度な柔らかさで 通気性が良いもの

飼い主にとってもベッドはキーワードになってきます

介護生活の負担を減らすことができる物の一つだからです

ベッドに関してはセミナーの時に実物を使いながらお伝えしたいと思います

介護用品は 自宅にある物で代用できる物がいくつかあります

「介護用」となっている物より使い勝手が良かったりするんですよ
既製品の高価な物 本当に必要か?我が子に合っているのか??

りんごシッターさん代金りんご

介護生活が始まると飼い主は24時間気が張った状態になります

それが何日 何か月続くのか・・・



大切にしている我が子の事ですから 飼い主は一生懸命です

出来ることはしてあげたいと思います



調子が良い日もあれば悪い日もある



介護が長期になるほど 飼い主も心身ともに疲れてしまいます



そんな時はシッターさんにお願いして 少しの時間リフレッシュする事

とっても大切です

私は初めてシッターさんにお願いした時 罪悪感がすごくあって・・・



でも



息抜きをした事によって その後のワンコとの関係が良いものになるんです

 



ず~っと

排泄は大丈夫か?

お水は?

呼吸は苦しくないか?・・・



こんな状況にいたら飼い主も参っていまいます



私はシッターさんがいてくれるって思うだけで どこか(心の)避難所があるような感覚でいることができ

それほどストレスなく介護ができたと思っています





人間は デイサービスに行っている間 家族は用を足したり リフレッシュすることができます

ワンコの介護も同じです



にくきゅうにくきゅうにくきゅうにくきゅうにくきゅう

 



費用の配分



お金を掛けるところはしっかりと

ここは本当にお金を掛けるところなのか??



しっかり見極めていきたいですね





では 長文になりましたが 最後までお読み頂きありがとうございました(*^^*)